荒畑の「精治寮病院」病院のHPです。笠寺精治療病院のホームページはhttps://kasadera-seichiryo.comです

名古屋市昭和区・荒畑駅徒歩すぐの精神科・神経科病院

アクセス
デイケア
予定表
求人情報
笠寺精治寮
病院
法人
ページ

看護師さん募集中!

看護師さん募集要項

勤務先 医療法人交正会 精治寮病院
(法人内の異動の希望も適宜相談に応じます。)
勤務時間 8:45~17:00、16:45~翌9:00(日勤常勤可)
休日 4週7休、祝日、年末年始、夏季休暇、有給休暇、創立記念日
待遇 昇給年1回、賞与年2回、社会保険完備、交通費支給、退職金制度有、制服貸与、マイカー通勤可

(正・准)看護師さん募集!

看護師のステップアップを応援します!
残業はほとんどなく、ワークライフバランスを重視する方にもおすすめです。
子育て中・ブランクの長い方もお気軽にご相談ください。
病院見学も随時受け付けております。

通信教育受講費、研修参加費など、全額病院が負担して皆さまのステップアップを応援しています。

補助例
  1. 日本精神科病院協会主催通信教育
    「MCW(Mental Care Worker)コース」「STANDARDコース」「SENIORコース」「LEADERSHIPコース」
  2. 日本精神科医学会認定看護師試験
  3. 講演会・研修会参加の一例
    • 日本精神科看護師協会主催「認知症介護の対応と介護のコツ」講演会
    • 日本精神科看護師協会主催「薬物療法~精神科薬理を考えよう」研修会
    • 日本感染症学会主催院内感染対策講演会
    • 愛知県主催「医療安全に関するワークショップ」研修会

訪問看護師さん急募!

退院した患者さまの病状の確認やケアのために定期的に居宅を訪問し、バイタルサイン測定や服薬管理を行い、問診を通して患者さまの様子を把握します。

職員インタビュー

病棟で働く2児のお母さん、Tさんにお話を伺いました。

Q. どのような働き方をしているのか教えてください。

A. 私は看護師としてパートタイムで働いています。入社してから5年経ち、6年目に入ったところです。入社当時は日勤専門の常勤勤務で働いていましたが、間に産休・育休を挟み、現在に至ります。子供達がまだ3歳と幼い為、保育園の送り迎えなどフルタイムで働くことは難しく、現在は平日は8:45~15:00まで。火曜日のみ12時までで、月に一回土曜日勤務があり、その時は主人に子供達の送り迎えをお願いするなど家族の協力を得ながら働いています。

Q. 当院で働くことで良い点を教えてください。

A. パートタイムということもあり、休みの連絡など事前にしておけば優先的に休むことができます。特に子供の発熱など、突発の事態でも休みや早退の融通がききます。子育てを終えパートタイムから正社員になった先輩看護師が多く、気持ちをわかって下さるので、「お大事に」の一言や「大丈夫だった?」等、嫌な顔せずに気遣って下さる職員の優しさが本当にありがたく助かっています。また、当院ではどんなに忙しくてもお昼休憩は1時間きちんととるようにしています。定時にきっちり退社できるのも魅力のひとつだと思います。

Q. ありがとうございました。最後に一言お願いします。

A. 私は2人の子供を育てていますが、焦らず無理せず、自分のペースでやっていくことを大事にしています。当院には託児所はありませんが、保育園等預ける場所さえ確保出来れば融通がきく分託児所を所有している職場よりも働きやすいかと思います。また、私は時間の都合で参加できませんが、勉強会や研修なども随時行われているのでスキルアップをすることも可能です。

訪問看護スタッフの看護師のAさんにお話を伺いました。

Q. お仕事の内容を教えてください。

A. 私は主に訪問看護を担当しています。患者様のご自宅を訪問し、生活の中での困り事や悩み事などのご相談を話し合いながら解決していく手助けをしています。
支援室では様々な職種のスタッフが多方面から患者様のサポートを行い、入院中の患者様には病棟業務のスタッフがご相談にのり、退院後は訪問看護やデイケア等、連携して情報交換を行うことで患者様が家庭や地域で安心して生活していくためのお手伝いをさせて頂いています。

Q. やりがいや、心がけていることを教えてください。

A. 訪問中は患者様と1:1で関わることができ、その患者様の為だけに時間を使うことができます。
人と人との関わりを大切にして、「看護師」が訪問に来るのではなく、「私」が訪問に来る、また「私」に来てほしい、と思われる訪問看護を心がけています。
また私は訪問看護の仕事をする前に病棟業務を経験しているので、入院中の患者様の様子と退院後の様子、その両方を経験することで看護の幅が広がっていると思います。

医師会学校に通いながら働くNさんにお話しを伺いました。

Q. どのような働き方をしているのか教えてください。

A. 私は、正看護師の資格を取得するため、昼間は医師会学校に通いながら働いています。月曜から金曜は午前中に病棟にて勤務し、午後からは学校で勉強。土曜日は夜勤勤務をし、日曜日には明け、というサイクルで仕事をしています。
当院に勤め始めたのは、昼間定時制の看護学校(高校)に通い始めた1年生の5月からで、当時はアルバイト社員として働いており、学校を卒業し准看護師の資格を取得した後、正社員として働き始めました。正社員としては半日勤務では日数が足りないので、学校が長期休暇に入る夏休みや春休みを利用して日数を補う、という形をとっています。

Q. 当院で働くことで良い点を教えてください

A. 学校との両立を病院側が考慮して下さる点にとても感謝しています。特に学校側の実習期間中など、週に1回しか勤務できませんが、看護部長の計らいで「実習=研修会参加」として扱って頂けています。このように考慮して頂いている分、公休や有給休暇などはありませんが、病棟の雰囲気が和やかなので試験期間中などの欠勤届も出しやすく、逆に「無理しなくていいよ」「たまには休むことも大事」等、温かい言葉をかけて頂けます。そういった何気ない一言で頑張ろう!と思えます。私は高校の看護学生時代からアルバイトとして働かせて頂いていたので、先輩看護師方に色々なことを教わりながら今までやってきました 。
看護師同士の連携も大切ですが、その根底にあるのは普段の温かなコミュニケーションなのかな、と思います。
また、当院は学校が終わった後(夕方)の勤務がないので、自分の勉強時間もとることができます。

Q. ありがとうございました。最後に一言お願いします。

A. 私が当院に勤め始めた時、「精神科」という特殊性をよく分かっておらず、何で扉に鍵がついているんだろう?等、疑問に思うことがいくつかありました。
しかし、世間一般で言われているような精神科のイメージと私の感じる現状は違い、患者様の訴えにはきちんと意味があり、筋の通るものであったり、時には患者様から学ぶことも多々あります。
患者様自身が真っ直ぐぶつかってきてくれるので、私自身も素直に対応することが出来ます。
病棟では、授業で学ぶことのできない人間性の勉強も同時にさせて頂いています。

 

勤務されている看護師さんより

看護部長

 私たちは、病院の理念である「患者さんとご家族、地域の人々が安全で信頼される医療実践ができること」を目標としています。

 患者さんの人権を尊重し、ニーズに合った医療を提供することに努め、障害を持ちながら限られた中でその人らしい生き方や可能性を見出し、生きることの質的な向上に関われるような援助を行いたいと思っています。そのため、私たちが情報提供者となり、外来部門の強化・他部署との協力・地域サポータとの連携などを行うとともに、精神科看護職としても個々の役割が重要となってきます。

 職場環境としてはワークライフバランスを重視し、時間外労働を最小限にし、完全有給休暇取得を目指しています。お互いに支えあい、患者さんや職員同士の関係を築きながら自らも成長していただける職場環境であると思います。

病棟看護師 Iさん

入職して10年が経過しました。入職したてのころは子供も小さく休まなければならないことも多くありましたが、皆さんが快く受け入れてくださり、安心して家庭に専念することができました。家庭とのバランスが取りやすくプライベートでも充実した環境だと思っています。

病棟看護師 Tさん

私は通勤時間や家庭の事情で一度精治寮病院を退職し、他の精神科病院へ転職しました。しかしその病院で体調を崩し、すぐに戻ってきました。精治寮病院はとても働きやすい職場で、上長の方々皆さん優しく頼れる存在であり人間関係でストレスを感じることはありませんでした。ほぼ定時で帰宅できプライベートな計画も立てやすく、患者さんとのかかわりの中で自分が癒されることもあり優しくなれる職場だと感じています。

訪問看護職員 Sさん

訪問看護は看護師と精神保健福祉士が患者さんのご自宅に伺い看護を行います。状態が安定している患者さんの所には1人で伺うこともありますが、基本的には2人で訪問しています。精神に障害を抱える患者さんの訪問看護ですので直接的な医療行為はなく、看護師業務にブランクがある方も安心して業務を行ってもらえると思います。

 

PAGE TOP